まぁ、つまらないものですが

エンジニニャー見習いの気ままな技術ブログ、日々のログを残してゆきます。

Chrome 78 - DevToolsの新機能について

コレは英語の勉強がてら Chrome 78 - What’s New in DevTools - YouTubeWhat's New In DevTools (Chrome 78)  |  Web  |  Google Developers を自動翻訳とかい色々つかって要約してみた記事になります。

間違ってたらすみません

Auditsパネル内でのマルチクライアントのサポート (Multi-client support in the Audits panel)

Auditsパネルをつかってページのパフォーマンステストが実施可能になりました。

動画内では紹介としてjQuery, Lodash, Treejsをロードしているスコアが69のページに対して改善を試みています。

Option(Cntl) + PでRequest blockingを開いてjqueryをブロック対象にしています。

Option(Cntl) + Pでshow overridesを開いて他のリソースに対して非同期属性を付与します。Folderを選ぶと変更されたソースコードはそこに保存されるようになります。Option(Cntl) + Pを再度押して変更したいソースを選択してtree.jsloadashに対してasync属性を付与します。Option(Cntl) + Sを押すと保存されます。

その後もう一度監査パネルでパフォーマンステストをするとスコアが89点に!

ペイメントハンドラーのデバック(Payment Handler debugging)

WebでペイメントハンドラーAPIをつかって支払をしたときのデバックために支払情報がDevTools上で確認できるようになりました。
支払情報の記録は収集を開始してから3日間DevToolを閉じていても記録し続けます。

記録するにはDevToolからAApllicationを開いてPaymetn Handlerを開きます。

左上にRecボタンがあるので押してDev Toolを閉じます。

その後何かしらでPaymentHandlerをつかったらDevToolを開きApllicationからPaymetn Handlerを開きます。 そのままでは表示されないのでshow event from other domainsにチェックを入れるとPaymentHanderのイベントが表示されます。

Lighthouse 5.2 in the Audits panel

Auditsパネルでサードパーティのコードの量を表示するようになりました。Third-Parth Usageで各サードパーティのコード量とメインスレッドをブロックした時間を知ることができます。

パフォーマンスパネル内での最大コンテンツの可視化(Largest Contentful Paint in the Performance panel)

Chrome77から導入されたPerfomanceパネルでサイト内で一番大きいコンテンツをマークアップして表示するようになりました。またLCDをマウスオーバーすると該当場所を色をつけて教えてくれます。クリックすると詳細を見ることが可能です!

DevToolメインメニューからのバグ報告や機能リクエスト (File DevTools issues from the main menu)

メインメニューからHelpReport a devtool issueで報告することができます。
あなたが使用しているOSバージョンやChromeバージョンそして、再現する方法などを教えて下さい。

相互リンク

  • 技術ブログ:ヤモト.tvp
  • 友人氏の技術ブログ 数学ガチ勢がエンジニアになっていく奮闘記